電柱日報

日々の由無し事

touchとtouch

ちょいと名古屋まで出たついでに、栄のApple Store名駅ビックカメラで新型iPod touchTouch diamond(eモバイル)の実機を触ってきました。
新型iPod touchはまず薄さにビックリ。個人的にはソコまで薄くするくらいなら、多少厚くなってもいいのでバッテリの容量を増やして欲しかったりしますが、確かにインパクトは大きいです。システムはバージョン2.1系が入っており、噂通り日本語入力が非常に快適になってました。基本的に自分はQWERTY派なのですが、フリック入力は片手持ちデバイスの入力インタフェースとしては非常に良くできてますね。
一方、Touch diamondスマートフォンのイメージからするとかなりコンパクト。解像度が高いので画面も非常に綺麗ですね。ただ、コンパクトすぎて縦画面のソフトウェアQWERTYキーボードは指での操作がほぼ不可能なサイズになってしまっています。(QWERTY付きのTouch Proであればこの問題はハードウェア的に解決される?)
また、静電式タッチパネルのiPodと、感圧式タッチパネルのdiamondでは操作感に大きな差があるのも実感。iPodは画面に触れる、撫でる感じで操作しますが、diamondは意識して画面を押さえる必要があります。そのためiPodは指(静電式なのでそもそもスタイラスは使えませんが)、diamondはスタイラスでの操作に向いているように感じました。
とりあえず現段階でユーザインタフェースをトータルに見た場合、レスポンスや操作感でiPod touchに軍配が上がりますなぁ。
iPhoneにシステム2.1を載せて同じレスポンスが得られるのであれば、キャリアがSoftbankであるという以外の購入障害がなくなってしまいますね。後輩のiPhoneは職場だと圏外になってしまう(他のSoftbank端末は繋がるモノもある)らしいので、そこが一番のネックっちゃネックなんですが。