電柱日報

日々の由無し事

修理屋さん

先日管理会社に相談したドアクローザの件で、業者が来てくれました。
油漏れしてるドアクローザの交換作業を見ていたんですが、確かにかなり強い力のかかっている部分があって、ネジをはずす順番を間違えるとかなり危ない事になりそうですね。
ついでに動きの固くなっていたラッチボルトに油も差してもらい、ドアクローザの力だけでちゃんと扉が閉まるようになりました。結構前から閉まりかけのドアをそのまま放置するとラッチボルトがドア枠に引っかかってちゃんと閉まらなくなってたんですよね。*1
普段住んでるとなかなか気が付かないですが、10年も経つとイロイロとガタが来てるんでしょうねぇ。
余談ですが、予め「午後3時頃に伺いますんで」とは聞いていたものの、それらしいトラックの音がして携帯の時計を見たら15:00ジャストだったのはスゲーなと思いました。

*1:そのままサムターンを回して鍵をかったつもりにはなったものの、実は玄関がロックされていない、という状態で1晩過ごしてしまったことも……

広告を非表示にする