電柱日報

日々の由無し事

『セブンスドラゴン』(SEGA)

セブンスドラゴン(特典なし)
昨日食事に出たついでにマーサ21トイザらスで購入。
アパートでおとなしくしててもやることが無いので、チョイチョイと進めております。
世界樹の迷宮』を作ったスタッフの2Dモノという事で、かなりキツイ難易度になっているかと思ったんですが、開始直後のLv3くらいまでは雑魚戦で死にそうになったりしたものの、それ以降は結構スムーズに進んでいる印象です。
とりあえず1stパーティはサムライ・ナイト・ローグ・プリンセスという特殊効果のある組み合わせ×2。
ナイトとプリンセスが回復魔法を使えるので今のところ何とかなっている感じですが、専業のヒーラーが居ないので終盤どうなるか微妙に不安ではあります。
世界観やグラフィックは魅力的ですし、ゲーム部分のつくりやバランス、戦闘シーンの演出などは非常に良い出来なんですが、どうにもこのメーカはユーザインタフェースとかユーザビリティに難がありますねぇ。
キャラクタの登録時なども、名前の入力にはタッチパネルが使えるんですが、名前を決定したあとの最終確認は選択肢が上画面に出てくるので十字キーとボタンで選択するしかなかったり。クエストを受けるのにまず依頼人が悩んでいるのを聞く必要があり、その上でクエストカウンターで受注してから、また依頼人のところへ行って詳細を聞く必要があったり。移動中も戦闘中も下画面はマップで埋まってしまっている*1ので、タッチパネルほほとんど有効利用できていなかったり。カスタム画面でLRによるキャラ変更ができなかったり(装備画面ならできるのに……)。
なまじ全体の出来が良いだけに、こうした細かい躓きが非常に気になってしまって残念なんですよねぇ。

*1:タッチパネルでのマッピングを軸においた『世界樹』と違い、本作ではマップ上で何かできるわけではない

広告を非表示にする